ニキビケアにも誘導体がおすすめ

ビタミンC誘導体と言えば、お肌の奥深くにある角質層にまでしっかりと届く浸透力があるため、美肌づくりはもちろんですがニキビケアにもおすすめのアイテムです。

ビタミンCには抗炎症作用と皮脂分泌抑制作用があります。この作用がどうしてニキビに良いのかというと、ニキビができる原因と関係しています。

ニキビができやすい場所というのは、皮脂の分泌が多い場所です。顔であればTゾーン、そして一度出来てしまうと中々治りにくい背中、後は胸元などですね。

元々この場所は皮脂の分泌量が多いので、ホルモンバランスの崩れやストレスなどによって皮脂の分泌量がさらに増えてしまいます。すると毛穴付近のターンオーバーが狂ってきます。

ターンオーバーが狂うと毛穴が詰まりやすくなってしまうので、ニキビとなってしまうのです。なので、ビタミンC誘導体を使って皮脂の分泌量を抑えて正常に戻すことはニキビを改善することに繋がるというわけです。

炎症を放置しておかない

ニキビのケアにもおすすめ さらにニキビには、

・白ニキビ
・黒ニキビ
・赤ニキビ
・黄ニキビ

と言った種類があります。白ニキビや黒ニキビは初期段階になりますが、赤ニキビや黄ニキビは炎症が起きている状態になります。この状態を放置しておくと色素沈着やクレーターなどの原因となってしまうので、できるだけそうならないように、ニキビの炎症を抑える必要があります。

そこでビタミンC誘導体の抗炎症作用が有効になるのです。ニキビを触ると痛みを伴うことがありますが、これは毛穴が炎症を起こしている証拠。触ったりすると余計に悪化するので避けなければいけないのですが、つい気になって触ってしまうんですよね。

抗炎症作用というのはその名前の通り、炎症を抑えてくれる働きのこと。ビタミンC誘導体を使うことでニキビの炎症を抑え、悪化を防いでくれます。

ニキビケア用品にはこの抗炎症作用のある成分が配合されていることが多いのですが、その中でも特にビタミンC誘導体はお肌の奥深くにまで浸透をする成分です。お肌の表面だけケアをしてもニキビ改善にはなりませんので、浸透力が鍵になります。