より効果的な使い方とは?

ビタミンC誘導体と使うとき、ライン使いするという場合はそれほど気にする必要はないのですが、今使っているアイテムにプラスする場合、気をつけてほしいことがあります。

使うときのポイントとなることで、これを知っているのと知らないのとでは、ビタミンC誘導体の効果が半減してしまいます。分かりやすくいうと、「その他のスキンケアアイテムとの相性」を知っておく必要があるということなんです。

化粧水、乳液、美容液、クリーム・・・など様々なアイテムにビタミンC誘導体が使われています。それを同じシリーズで揃えて使う場合は、それぞれの役割を十分に発揮させ、効果も最大限に引き出すことができます。

ですが、例えば化粧水は普通の物を使って、美容液だけビタミンC誘導体の物を使うといった場合、相性が悪いとお肌への浸透率が悪くなり、結果として効果が薄れしまうことがあるのです。

では、どんなことに気をつけて使ったら良いのでしょうか?

相性が良いもので組み合わせる

効果的に使うポイントとは? ビタミンC誘導体には「水溶性」と「油溶性」があるというお話をしましたが、これに注目をすることが大切です。アイテムの中には両方とも配合してあるものもありますが、手持ちのスキンケアアイテムが「油溶性」の場合、「水溶性」のビタミンC誘導体との相性は良くありません。

どういうことなのかと言うと、例えば「レチノール」や「セラミド」が配合されている化粧水を使ったあとに、ビタミンC誘導体成分配合の美容液を使ってしまうと、あまりお肌に浸透をしてくれません。

これは化粧水の中に含まれているレチノールやセラミドが「油溶性」だからです。美容液に使われているのは水溶性が多いので、お肌への浸透力が下がってしまうんです。

逆に水溶性を使った後に油溶性を使うというのであれば問題ありません。手持ちのスキンケアコスメが油溶性という場合は、一番初めに水溶性のビタミンC誘導体を使う、もしくは、油溶性のビタミンC誘導体を選ぶと言うのがおすすめなんです。

さらに効果をアップさせるなら、ビタミンEが配合されている物を一緒に使いましょう。他の抗酸化ビタミンと一緒に使うことで、ビタミンC誘導体の効果がさらにアップします。

何か1つだけアイテムを加えるとしたら上記のことに注意をすると良いでしょう。ライン使いをすれば、このようなことは気にする必要もありません。