化粧水を選ぶポイント

抜群の浸透力があるビタミンC誘導体ですが、それを配合している化粧水であればどれも同じというわけではありません。そこでビタミンC誘導体の種類について確認をしていきましょう。

種類というのは「水溶性」と「油溶性」があるということなんです。分かりやすくいうと、

・水溶性 : 化粧水や美容液などに配合されていることが多い
・油溶性 : ゲルやクリームなどに配合されていることが多い

のです。これを見ると分かるように、水溶性の方が素早くお肌に浸透をし、油溶性の方がお肌にとどまっている時間が長いものになります。

ビタミンC誘導体と言えば、浸透力の良さが最大のポイントでもあるので、水溶性のものの方がより良い感じがしませんか?でも実際はどうなのでしょうか?

どちらがベストなのか?

こんなに違う浸透力 水溶性と油溶性、どちらの方が良いのかというと正解は「両方」です。この2つにはそれぞれメリットがあるからです。そして、この2つの特性を備えたものに、高浸透型ビタミンC誘導体があります。

名前からするとビタミンC誘導体をさらに浸透しやすくさせたものと感じるでしょう。確かにそうなのですが、実は高浸透型ビタミンC誘導体というのは、水溶性と油溶性の良いところを取り入れているものなのです。

つまり、

ビタミンC < ビタミンC誘導体 < 高浸透型ビタミンC誘導体

の順に浸透力が上がってゆきます。ビタミンCそのものは浸透力が弱いので、ビタミンC誘導体、または更浸透型ビタミンC誘導体を使った化粧品を使うと良いでしょう。

もちろんビタミンC誘導体が配合されている化粧品をライン使いする方法でも構いませんよ。