医薬品に使用される美肌成分のトラネキサム酸

美肌成分の中で医薬品に使用される成分として広く知られているのがトラネキサム酸と呼ばれるもので、治療に使用される場合としては雀斑や肝斑、色素沈着などを改善するために使用されるケースが大半です。

トラネキサム酸はアミノ酸の一種でメラニンの生成を抑制する作用がありますが、他にも炎症を抑える効果があるので肌荒れやシミなどの症状が見られる場合に予防の効果も期待できます。

dimezdd.jpg

化粧水やシミ治療薬に含有されて美肌成分だけでなく抗酸化作用などからアンチエイジングなどの効果も期待されますが、この成分がシミに対して効果を発揮するのは紫外線を浴びることによって生成されるメラニンという物質がプロスタグランジンを抑える作用機序があります。

肝斑に対しての治療薬としても効果を発揮しますが、美肌効果によってメラノサイトが活性して増えるプラスミンという成分を抑制することができるため、この作用機序によって症状を軽減することができるようになっています。

ただし、女性ホルモンに対しての機序があるわけではないので症状の発症原因が女性ホルモンの場合は十分な効果がありません。

トラネキサム酸は医薬成分でありながら使用における副作用のリスクが小さいという特徴がありますが、正しく使用しないと肌への負担を増やしてしまう可能性があるので注意が必要です。

また、使用することによって吐き気や胸やけ、嘔吐などの症状が見られるような場合は副作用が発症することで起こる症状になります。