ビタミンC誘導体は、角質層にまで届く

ビタミンC誘導体とビタミンC。どちらも似たようなものと思っているかもしれませんが、それは違います。ビタミンC誘導体の方が、お肌の奥の奥である角質層にまで届く浸透力があるのです。

お肌に吸収されにくいビタミンCを改良して、よりお肌の奥深くにまで届くように改良をしたものがビタミンC誘導体なのです。ビタミンCとビタミンC誘導体、どちらが配合されている化粧品を使ったほうが良いのかというと、もうお分かりですね。そうです。「ビタミンC誘導体」です。

ビタミンC誘導体は角質層にまで届くので、色素沈着を防いでくれたりメラニン色素が作られるのを抑えてくれます。さらにすでに出来てしまったソバカスやシミを薄くするということも期待できるのですね。

また皮脂分泌抑制作用や抗炎症作用もあるのでニキビ対策にもピッタリですし、開いてしまった毛穴もキュッと引き締めてもくれるので、美肌になりたい人は絶対に摂りたい美容成分ということが言えるでしょう。


特許技術で浸透力は抜群

ビーグレンのビタミンC配合の化粧水

ビタミンC誘導体は浸透力がとても良いのですが、独自の特許技術によってさらに浸透力を高めているのがビーグレンです。ビーグレンの化粧水には2種類あり、ビタミンC誘導体やヒアルロン酸、コラーゲンなどの美容成分を独自の技術で極小カプセルに詰め込んでいます。

ふつう美容成分はそれぞれ浸透力が違うため、必要なバランスで届けることが難しいのですが、ビーグレンはそれをカプセル化することでそれを克服しているんですね。

極小カプセルに詰め込まれた美容成分が確実にお肌の奥深くに届くから、お肌がしっかり潤いぷるんとしたお肌へと導きます。ビーグレンの化粧水を使うことでニキビはもちろん、シミやくすみ、毛穴の開きや黒ずみ、しわやエイジングケアなど気になる様々なお肌トラブルに対して対策を取ることが出来ます。

それにビーグレンの化粧水は保湿もしっかりと出来るタイプなので、お肌の乾燥が気になるという人にもおすすめの化粧水です。

ビーグレン QuSomeホワイトローション
http://www.bglen.net/TSS/


高浸透型ビタミンC誘導体が配合されいている化粧水

サイクルプラス エンリッチローション

ビタミンCは水溶性ビタミンの1つで、コラーゲンを作るのに必要不可欠な成分です。でも「変質」しやすいという弱点があります。化粧水でビタミンCを取り入れても、補い足りないことが多いのです。

そのビタミンCをより安定させた形で浸透するようにした「高浸透型ビタミンC誘導体(APPS)」を配合しているのがサイクルプラスです。コラーゲンを作るのにビタミンCは必要不可欠ということは、うるおいやハリ、お肌の透明感を作るという意味でも重要なビタミンです。

それをサイクルプラスでは効率よく、お肌に行き渡らせることが出来ます。おすすめの使い方がいくつかあるのですが、イオン導入器でのケアにもピッタリな化粧水です。

普通のお手入れでは落としきれない汚れを落とすことができ、美肌成分を真皮層にまで届けることができます。高浸透型ビタミンC誘導体(APPS)でも浸透率が高いのに、さらにイオン導入器でお手入れをすれば、お手入れも完璧ですよね。

サイクルプラス エンリッチローション
http://www.cycleplus.jp/lp02/


敏感肌でも使える化粧水

敏感肌の人にとって、美白ケアをするということはものすごく大変なんですよね。というのは、敏感肌は紫外線などの外からのダメージに対して弱く、メラニンの生成も過剰になってしまうのです。

なので、敏感肌でもちゃんと美白ケアが出来る化粧水を選ぶ必要があります。健康的なお肌に比べるとトラブルも多いので、常に不安定な状態です。

そんなお肌におすすめなのが敏感肌専門のメーカーが作った「saeru(サエル)」です。

ディセンシア サエル

美白化粧品の中にはお肌に負担がかかるものもあり、敏感肌の人にとっては刺激が強いと感じるものもあります。でもsaeruは敏感肌専用の美白ケア化粧品だからそんなこともありません。

さらに敏感肌特有のトラブルもしっかりと対策を取ることができるスグレモノなんですよ。不安定な状態を脱出するだけでもお肌がキレイに見えるので、敏感肌で美白ケアをしたいという人にはピッタリですね。

ディセンシア サエル
http://www.decencia.co.jp/nc/sae_a/028/


ビタミンC誘導体について学ぶ

肌は新しく作られる

肌は新しく作られる


美肌を妨げる体調トラブル

美肌を妨げる体調トラブル


美肌を妨げる肌トラブル

美肌を妨げる肌トラブル


美肌ってどんな肌なの?

美肌ってどんな肌なの?


ニキビケアにも誘導体がおすすめ

ニキビケアにも誘導体がおすすめ


化粧水を選ぶポイント

化粧水を選ぶポイント